FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

泣くほどのことではないけれど。

少し前からインターホンに吠えることがほぼ無くなってきて
小太郎の耳が遠くなってきたな~ と思ってはいたんやけど。

インターホンに吠えないと対応がしやすくて楽やったから軽く考えてたけど。
もう、遠くなってきたんではなくて 聞こえてないんやな。 と実感する機会が増えて。



何を言っても反応がなくなってきたことに、今更やけどなんか老いを実感してさみしくて。

もう 小太郎が喜ぶような
「今日はおでかけやで~♪」「焼き焼きパーティするよ♪」「お父さんたち来るって♪」と、声をかけたら
きゃ~♪きゃ~♪ と声を上げて喜んで走り回る姿を見ることができない、
ってことなんやな と気づいたら なんか涙がでちゃって~

21019_20201228110427f10.jpg

7歳や10歳では特にシニアであることを実感してこなかったけど
12歳を超えてからの一か月に急激に老いを感じて も~~~さみしくてしょうがない。

28012.jpg

神経痛は一時的なものやったけど、今は歯の痛みで一日何回も 痛そうな姿を見てるし余計かな。

28022.jpg

でも やっぱりいつもとは違う楽しいことがあったら 喜んで動き回ってるし。

28031.jpg

おもちゃでも遊ぶし。

28045.jpg

ガンガン腰振りもするし。 

28049.jpg

美味しそうなものがあったら、盗み食いをたくらんだりするし。

28089.jpg

ビビりで神経質なお坊ちゃまには、
耳が聞こえても 目が見えない方がパニックやったやろうし
鼻が効かなくなってたら、ますます食欲が落ちてしまうやろうし。

老いの中でも耳が聞こえないのは、メリットもあるし まだまだ悲観するほどのことではない。

ついつい勝手に妄想してめそめそしてしまうけど
小太郎はふつうに毎日生きてるもんね。

なにも泣く必要はないのだ!

それよりまったり楽しく快適に過ごせるように気配りしないとねっ

| 日々のこと | 12:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kakudaikeikaku.blog129.fc2.com/tb.php/2452-56fa361f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT