FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

心因性皮膚炎治療 再診

昨日は小太郎の皮膚炎の再診の日でした。

今度こそ一番に診てもらおうと、15時半に家を出て16時に到着。
受付は16時15分からなんでまだだれも来てなくてよっしゃー! と思ったのに。

病院の駐車場が狭くて、縦列駐車キライなんで
近くのコインパーキングに止めてぶらぶら歩いて病院に行ったらすでに順番待ちしてる人が・・・

ま、それでも2番目なんでそんなに待つことはないでしょ~

待合室もガラガラなんでゆっくり順番待ち。
まるでゴキゲンに見えますが、いつ脱走してやろうかと考えてるハズ。 笑

今回は17時前には順番が来て、小太郎の診察。

前回採血して、外部検査に出した検査結果は異常なし。
●甲状腺機能低下については不足はみられなかったこと。
●膿皮症の細菌は、どの抗生物質でも対応可能なので処方は変えず(シンプリセフ)

1週間の小太郎の様子は、
掻く回数は減ってきたけど首回りを掻き出すと止まらない時がある。
ほぼ、夜は寝てたけど 土曜日の夜はウロウロ歩き回って挙動不審だった。
食欲がちょっと落ちてきている(食いつきが悪い。ご飯を残す。でもオヤツは食べる)。
でも、雨続きなので元気がないだけかも。
嘔吐・ゲリはない。

という感じで、副作用が出てる様子はないので投薬を増やす。

膿皮症の抗生剤はあと1週間飲んで終わり。(1日1回)
痒み止めのアポキルはまだしばらく飲みながら減薬していく。(1年飲み続けても大丈夫な薬)
パターン脱毛の薬はしばらく飲む。(1日1回)
抗不安薬(アナフラニール)は1日2回に増やす。(最大1日3錠飲むかも)
サプリメント(パーソナルケアPⅡプラス)も1日1回。

と、薬は5種類のまま様子をみつつ
効果があるときもあれば、落ちるときもありながら
ゆる~く改善していくのを期待しましょう、って感じです。

心因性の場合は、数字で効果がみられないので
小太郎の日々の様子が変わってきたな~? と感じる日が増えればいいかな、と。

他の患者さんの場合だと、病院見ても、雷なっても震えることがなくなってきた、とか
夜中に吠えて寝なかったコが、落ち着いて寝るようになった、とか
それぞれの症状が落ち着いてくるらしい。

小太郎はまだ1週間なんでまあ数か月単位の長いスパンで様子をみていくことに。

b006_201907231004102df.jpg

今回は2週間分のお薬をもらって、1万超え~!
ってか、前回料金を間違って過払いしてたらしく差引きされたんで実際は15000円弱

しばらくは月3万くらいになるってことかな~~~~

ちなみに、今年の春に受けた血液検査の結果を今回もっていって診てもらったんやけど。
その時にかかりつけ医の名前を見て知り合いです! と。

もともとどっちの先生も独立前に勤めてた病院が地元の大きい病院で
少しの期間勤務時期がかぶってたらしい。

かかりつけ医の先生って、学生時代は鹿児島大の首席だったんだって~!
いつもひょうひょうとしてはるし、そんなインテリには見えなかった。 笑

ま、かかりつけ医も知識豊富でいい先生ですよねってことで
安心してどっちにも見てもらえるな~ という話。 

| 心因性皮膚炎 | 12:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kakudaikeikaku.blog129.fc2.com/tb.php/2181-fcdebc93

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT